ホーム郷土文化活動 > モリアオガエル観察会

2013年 6月 1日 科学教室 モリアオガエル観察会 活動報告


活動報告
実施日 平成25年6月1日(土)天候 曇り
観察場所 磐田市上野部(田川)「のんべ道草の里」地内 遊水地
観察者 18名(小学6年生6名・4年生2名・3年生2名・2年生7名・1年生1名 他に父兄が15~6名参加された。
講 師 岡本竹久様 (元 県立高校生集団宿泊訓練施設職員)
概 要 当初、観察会を6月9日(日)に実施予定であったが、新聞等でモリアオガエルの 産卵が始まったことを知り、急遽6月1日に変更した。 前日、現地に見に行った時点では、卵塊が一つ産み付けられていたが、当日の朝、 見に行ったら、新しく二つ産み付けられていた。3日前の降雨で産卵したと思われる。 子供たちも、父兄の方も、真新しい白の卵塊を興味深く眺め、講師の話を聞き入った。 モリアオガエルは、県の準絶滅危惧種に指定されているし、メダカ・ゲンゴロウ・ ニホンザリガニ等も絶滅危惧種に指定されていると講師より伺い、保護する方法は ないものかと思った次第でした。

参加者の声
二年 とおせしゅんや君
ぼくは、モリアオガエルのたまごをはじめて見ました。たまごは、水の上にいえの天井ぐらいの高さの木のえだにありました。
やきゅうのボール二こぶんの白いあわがモリアオガエルのたまごだときいてがっくりしました。
六年 通勢 美羽ちゃん
私は、弟がモリアオガエルを見たいと言ったのでついて行きました。どんなカエルとたまごなのだろうと思いました。
見てみると、野球ボールが二個入るんじゃないかと思うぐらい大きくて、わたあめみたいにふわふわしていそうなたまごでした。
しかも木の上にあったので、びっくりしました。小さい生き物があんなに高い木にのぼるなんてすごいです。
私は、モリアオガエルが地の上の木にたまごを産むということを学びました。モリアオガエルのたまごを見に行って良かったです。
保護者の方
今回初めて参加させて頂きました。ありがとうございました。モリアオガエル観察会もカエルについて初めて知る事が全てでした。
勉強になりました。今日子供達を見ていて普段の生活に見られない姿とか、子供達の違う目の色を見られる事がありました。
孫がいろいろ行きたいと訴えていますので又よろしくお願い致します。遊園地、ゲームコーナーもいいけど何か違う世界(自然)の見る時の目の輝きが違います。
参加者
豊岡南小    6年 遠勢美羽   4年 杉山晃友   4年 藤森涼佑   2年 遠勢隼矢   6年 村山功樹
豊岡北小    6年 高木麻央   6年 藤見日紀   6年 山内麻里愛   6年 土田瑞貴   3年 古川 豊   3年 土田雅博   2年 山田歩輝   2年 磯崎憲明   2年 池田光咲   2年 藤澤花都   2年 藤見沙里衣   2年 大野福多朗
豊岡北幼稚園   年中 古川 俊


TOP

inserted by FC2 system